費用をおさえて会社設立する方法

会社設立の方法とは?費用やプロセスを徹底ガイド

会社設立に必要な費用を調査

会社設立に必要な費用は、おもに以下となります。

会社設立の手続きにかかる費用は30万円前後が平均

  • 定款認証
    会社設立の費用とは?発起人印鑑証明書…250円/1通
    謄本証明料…250円/ページ
    収入印紙代…4万円
    認証手数料…5万円
  • 登記申請
    登録免許税…15万円
  • 印鑑作成費用2~5万円
    ※資本金500万円の場合の例

会社設立の費用をおさえるならサポート会社に依頼しよう

個人で会社を設立する場合は、一から勉強をしたり、手続きのために何度も役所に行ったりなど、本質的ではないところで時間や手間がかかってしまいます。

会社設立の費用とは?

経験豊富で設立手続きのプロに書類作成を依頼し、素早く的確に手続きを済ませてもらい、直接アドバイスをもらいながら実践的に会社に関することを学んでいく方がずっと効率的ですし、費用もおさえられます。
例えば、自分で会社設立をした場合240,000円かかるところが139,980円で設立できるというサポート会社もあります。

費用で比較!会社設立サポート会社ランキングはこちら

会社設立までの流れをチェック

会社設立までの一般的な流れは以下となります。

1.資金の用意

新会社法で資金がなくても起業できるようになりましたが、初期投資や運転資金を用意し、生活費も1年分は確保しておきましょう。

2.発起人を決める

会社の設立には会社を設立するまでのすべての手続き行う発起人(1人以上、15歳以上)が必要です。
発起人は設立時に発行するすべての株式を引き受け、出資金を払い込んで最初の株主になります。

3.定款を作成

組織や運営方針についての取り決めを記した「定款」が必要です。
定款に記す事項は「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」の3種類です。

4.認証を受ける

作成された定款を公証人に提出し、「認証」を受けます。
認証に必要なものは、定款、4万円の収入印紙と認証費用5万円、謄本作成料2千円、発起人の実印、印鑑証明書です。
定款に記載モレや間違いがあるまま認証を受けてしまった場合、あとで気付いても費用は戻ってこないので、専門家に依頼しチェックしてもらったほうが確実で安心です。

5.出資金の払い込み

発起人代表の口座を金融機関に開設し出資金を入金し、代表取締役の名義で払い込みを証明する書類を作り、紙の綴じ目に代表者印を押します
証明書類
・証明書:設立時の発行株式数と払い込み金額を明記し、代表者印を押印
・預金通帳のコピー:通帳の支店番号や口座番号・氏名などが記されたページと出資金の入金が印字されているページ

6.登記の申請

必要書類を登記所へ提出・申請し、法務局の登記簿や台帳に情報が記載されて会社が誕生します。
提出する書類は「株式会社設立登記申請書」、「収入印紙貼付台紙」、「定款」など8種の書類を綴じて提出し、同時に会社の印鑑登録も行います。

7.会社設立後

設立の日から2ヶ月以内に税務署、県税事務所、市町村役場に「法人設立届出書」を提出し、保険関係の届出もします。事業の種類によっては営業などの許認可も必要です。

会社設立の流れは以上になりますが、この手続きをすべて個人で行う必要はありません。
現在は、これらの煩雑な手続きを代行・サポートしてくれる会社が複数存在します。
なかでも評判の会社を比較してランキングにしていますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

会社設立サポート会社を費用で比較しています