会社設立の方法とは?費用やプロセスを徹底ガイド

費用削減のための会社設立サポート会社ランキング » 会社設立にかかる費用について調査

会社設立にかかる費用について調査

会社をつくるにはいったいどれぐらいのお金が必要なのでしょうか。

設立の準備にかかるお金について、また会社のお金をうまく使うための会計基礎についてまとめました。

設立時に必要な費用

起業時に必要な資金は、設立の手続き費用に開業後の運営資金を加算して算出します。
資本金500万円の小規模な株式会社を設立する場合の費用はおよそ30万円ほどになります。
設立後の運営資金には設備代と業務運営資金がかかります。
自分自身の給料の金額や、いつから払うのかなどの人件費についても考えておく必要があります。

資本金の考え方

起業時に会社が株と引き換えに株主から預かる資金を資本金といい、2006年5月の新会社法施行で資本金が1円でも株式会社が設立できるようになりましたが、会社のお財布がカラッポの状態で設立できたということは、設立と同時に借金を抱えることになり、会社が利益をあげてお金が入るまで借金が増え続けことになり、現実的ではありません。

助成金・融資について

自己資金が足りない場合、身内からの借り入れるか、難しい場合は金融機関を利用します。
個人企業の経営者や新規事業者は信用度の低さから、銀行などはなかなかお金を貸してくれないので日本政策金融公庫(日本公庫)、厚生労働省が取り扱う助成金など、公共の融資機関の利用を検討することになります。

開業後の資金繰り方法

会社のお金をうまくやり繰りするためのポイントは、「利益」と「入金タイミング」です。手元のお金がなくなると「資金ショート」を起こし、会社を続けていくことができなくなりますので早めに対策が打てるよう、注意深く見守る必要があります。