会社設立の方法とは?費用やプロセスを徹底ガイド

費用削減のための会社設立サポート会社ランキング » 費用をおさえた会社設立の方法 » サポート会社を上手に利用する

サポート会社を上手に利用する

自ら会社を設立する際に専門会社に依頼するメリットとは?費用面やスピードなどについて解説したページです。

設立手続きは一人で頑張らないほうがよい

会社を設立するために必要な書類はとても多く、またとても煩わしいものです。代行サービス・サポート会社に頼らず、自分で参考本を買って書き方を学びながら書類を作る方法ももちろんあります。

しかし、一度きりしか行わない手続きのために勉強したり何度も役所へ足を運んで設立前の貴重な時間を消費してしまうのはもったいない気がします。

起業手続きのプロセスを経験することで会社に関わる法律や税金の仕組みを理解したいと考える気持ちから、私もちょっと自力手続きに取り掛かってみたのですが、内容を理解するのが精一杯。とても書類作成まではできないと感じました。

経験豊富で設立手続きのプロフェッショナルに書類作成を頼んで素早く的確に手続きを済ませてもらい、そのプロから直接アドバイスをもらいながら実践的に会社に関することを学んでいく方がはるかに効率的です。

またプロに頼むと設立時の費用が逆に安くなるという不思議な効果もあります。設立に必要な手続きのひとつ、定款の認証申請には通常4万円の印紙代がかかりますが、インターネットで認証を申請すると印紙代がかからず、4万円が節約できます。

ただしネット申請をするには専用の証明書や設備投資が必要で、起業家が直接行うことは実用的ではありません。そこで専門家にネット申請をお願いするのですが、依頼費はたいていの場合印紙代より安いのでお金を出して頼んでも結果的にはおトク、というわけです。

代行・設立サポート会社と資格について

書類作成や申請の代行サービスができるのは、国家試験に合格し認められたいわゆる「士業」といわれる方々のオフィスです。資格の種類で取り扱う分野が異なりますが、会社の設立手続きに関する手続きやアドバイスはいずれの資格者でも取り扱っています。

  • 税理士:所得税や消費税などの納税に関する業務が専門
  • 公認会計士:監査、財務、経理など会計全般業務を扱う
  • 司法書士:司法(裁判所)関連書類を作成する
  • 行政書士:行政(役所)関連書類を作成する

司法書士や行政書士は書類作成の決まりごとに詳しく、税理士と公認会計士は会社の財産に関して深い知識を持っています。

それぞれの資格者は単独で業務を行えますが、連携して専門分野を補い合うことで起業手続きや会社経理を広くカバーしてくれるサポート会社もあります。